2999年12月16日

好き馬★つづり 撮影ふぉと生活 Tool of life 動植物ANIMAL Picture 城下★ふぉと リクエスト

Equus grapher 祭事うまと一緒 MY でぃあ ホース 〜 NO競馬 ほのぼのfoto

モバイル待ち馬HORSE ほりっく
ひぽgraphie 過去置き場うまカラー
純白娘 ぐるワーク
VODKAに酔って
愛馬IvHorse あい★らぶ★ほーす 1口馬主みんなのお馬
好馬厳選ふぉと魅惑のサラブレッド
ハデ馬ふぉとハデ馬ハント
地方競馬馬とわたし

功労馬の風景⇒ほーす


素敵な競走馬⇒競走馬のすがた 競馬場の風景⇒馬っ駒棲
【関連する記事】
posted by 雪柳 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2998年12月31日

よく撮影する馬たち

ユキチャン
ウオッカ
ヴァーミリアン
ゴールデンチケット
アンライバルド
トウカイトリック
posted by 雪柳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

撮影のアドバイス

馬には毛色があります

茶色い鹿毛が一番割合多くいます
そのほかに白馬と呼んでいる芦(葦)毛
黒い馬の黒鹿毛や青鹿毛、青毛
黄土色の栗毛

この中で、撮影しやすい毛色があります
それは鹿毛です
黒鹿毛や青鹿毛、青毛はカッコイイのですが、暗くなって顔がわからなく写ってしまうことが多いので、まずは鹿毛で練習しましょう

芦毛は白っぽくボンヤリと写ってしまうこともあります

メンコと呼ばれる覆面を付けている馬も多いです
黄色など明るい色のメンコは撮影しやすいと感じます
逆に緑や黒は難しいです


そして、横で撮影しましょう

縦での撮影は難しいです

携帯電話だと、縦で構えている方を多く見ますが、横で撮影をした方が成功する確率は上がります
縦よりも横でしっかりと構えた方が手ブレ対策もできます



天気は、晴天ではない場合、雲が多いと日向と日陰がコロコロ変わりますので、できるなら最初から日陰を選択する手があります
設定をしょっちゅう変えなくて済むからです

小雨の日は、傘を差さない方が良いです
厚手のマフラーやタオルなどでくるんで撮影しましょう




携帯電話じゃなくて、デジカメが欲しいと思う方
それならば、コンパクトではなくて一眼をオススメします
一眼は大きくて重いですが、画質は一眼が圧倒的に良いからです
今は一眼でも入門機ならばコンパクトとそれ程変わらない値段で手に入ってしまいます

1000万画素あるから軽いコンパクトで十分、ではないです
画質と画素は違います
画質は画素だけで決まらないので画素だけが良くても駄目なのです

画質を求めるのであれば一眼は絶対です
posted by 雪柳 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真に関して雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の競馬場は結構撮影が難しい

特に午後のレース

日照時間が短いので、太陽が沈むのがはやい
日陰ができやすい

夕日になってきてしまうと、全体的にオレンジがかってしまう

栗毛の馬だと、かなりダイレクトに赤みが増してしまう
オレンジもしくはピンクの馬具のだと厳しい



撮影を始めた頃は、馬の近くで撮影したい!!!と最前列の方へ行ってしまうのだけど

これが結構難しい


何せ、馬の歩くスピードがはやい

パドックでの最前列というと、ちょうど横の姿を撮影することとなるのだけど
横姿というのは、個人的には物足りない


ズームをあまりしてしまうと、すぐにフレームから外れてしまうから、最前列を確保できるのであればズームはあまり要らない

午前中からずっとパドックに張り込み出来る、という方向き

最近はマナー向上の強化活動が行われているから敷物での無人場所取りは厳禁です
敷物だけあっても敷物撤去されてほかの人が遠慮なく来ますよ

元々無人での場所取りなんてのは、暗黙のルールなんて良くない風潮があって大嫌いでしたので、無人での場所取りなんてのは根絶して欲しい


パドックでの撮影で、皆カメラを構えていると思うんですが
皆横が多いね
何故だろう
馬の顔をあまり撮影する気はないのかな?

縦だと横よりも撮影タイミングは確かに難しいのだけど、馬の顔を大きく撮影できるのでオススメです



パドックだけではなくて、レースの写真も撮影したい!!!って方は、望遠が優れているものは必須ですね

あと、結構体力が必要です

パドックから馬場まで、全力ダッシュが必須です
特に、返し馬を撮影したいのであれば、騎手が騎乗を始めた辺りでパドックから馬場へ向かう準備をしていないとかなり苦しいです

パドックから馬場まで結構距離ありますよー

返し馬が撮影できるかどうかは、レースのスタート位置とか色々あるので返し馬に間に合うかどうかは運次第が結構大きいです
posted by 雪柳 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真に関して雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

写真の加工。

基本的に、撮影した画像は、なるべくオリジナルに近い感じで公開しています
よほど暗い、というのであれば明るさの補正をかけますが、基本はブログ用に縮小のみでトリミングもしない方向でいます

が、私なりに、ブログ公開用に、文字入れや、遊びを求めています

時々、フリーソフトの新作がないかチェックしてます★

今のところプリクラ風に遊べるのがないかな、って探し中ー
posted by 雪柳 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真に関して雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。